愛情たっぷりの コーヒーの魔力

素敵な時間だった。

その日 私は 美味しいコーヒーが用意されている事を知っていたので
朝 2杯は飲むコーヒーを 一滴も飲まずに  楽しみにしていた。


豆の状態も良かったらしいのだけれど

その場で挽き
目の前に持ってきてくれて

本当に 丁寧に 丁寧に お湯が注がれた。

少しずつ 注がれる湯に蒸されたコーヒーは
ふわっと盛り上がって さらに 良い香りを 漂わせる。
指で つっついてしまいたくなるくらい
柔らかく ふわっとしていた。

愛情を持って注ぐ姿に 思わず嫉妬してしまうくらい
とっても とっても 時間をかけて 少しずつ出来上がるコーヒー。


今まで飲んだ事のある 高価な豆のコーヒーなんか
足元にも及ばないくらい 


本当に 本当に 美味しかった。



そして そのコーヒーの魔力は
冬の夜空が だんだんと 明るくなって
夜が明けていく様を見せてくれた。



もしも もう一度 あのような体験ができるなら
次回は もっと素敵な コーヒーカップで。