白衣の天使 か 小悪魔か

イマドキ 看護師を見て
「白衣の天使だ!」という方が どれくらい いらっしゃるのでしょうね。

看護学生時代と 看護師1年目辺りまでは
確かに言われましたが。飲み会に限って。


そういう時代の 私からのメールの最後には
「白衣の小悪魔より。」

という 一文がついていたのも 事実です。

今考えると 恥ずかしいですね~。

私の手元には その時代のメールは 全く残っていないのですが
誰かのところには もしかしたら そんな 恥ずかしいものが
あるかもしれないと思うと 夜も眠れなくなりそうですね。



さて 白衣の天使は 世の中には存在するかもしれませんが
私は・・・どうでしょうか。


まだ外科病棟で 働いていた頃 
術後すぐの患者さんに
「歩いた方が 傷が癒着せず 循環も良くなって 早く治る」と
手術の次の日から「早期離床」を促し 歩かせていました。


中でも 盲腸の手術の患者さんは
1週間~10日間くらいで かなり早く退院されます。

退院していかれる 当時30代(私の10歳くらい年上)の 男性患者さんから

「くみさんは 痛いって言ってる時に 笑顔で 歩け~って言うんじゃけぇ。
 最初 天使じゃなくて 悪魔じゃって思いよったけど
 本当に すぐに治ったよ。ありがとう。やっぱり 天使じゃね。」


という 言葉を いただいた事があります。

すぐに治ったのは その人の体の回復力のおかげで
私は それを促すのに ちょっと鬼になっただけなのですが。
もともと そんなに長期の入院が必要なわけでもないし。


まぁ 退院される時に 白衣の天使に見えたのなら
きっと その人にとっての入院生活の思い出は
看護師=白衣の天使 として 記憶にインプットされるでしょう。

当時は 確かに 私は天使だったのかもしれない。
そして それは 褒め言葉でも あったかもしれない。


今ぁ・・・??
天使になりたいなんて 思ってもないし
この年で 天使を目指すのも いかがなものかとも思う。
(想像しただけで 気持ち悪くなった方 ごめんなさい。っていうか 想像しちゃダメだよ・・・)

30過ぎの 黒いしっぽのはえた小悪魔。
そんな事を言ってもらえる 魅惑的な女性になりたいものだ。



「白衣の小悪魔」からのメールを持っている方 こそっと教えてください。
その保存されているものを 壊しに伺いますから!ポチッとな。

この記事へのコメント

石ちゃん
2007年03月06日 18:40
こんにちは、確かに悪魔ですよ!
昔入院した時こっちは痛いのに笑顔で『大丈夫ですよ~♪』と言ったり、私が注射嫌いなのを知るとニコニコしながらブスッと刺したり、、、考えただけでも恐ろしい(>_<)
今だに天使に会った事は無いです。
くみ
2007年03月06日 22:53
>石ちゃん(さん)

あはは・・・(^^ゞ
私タイプの 看護師とであったのですね~。
現在の私は そういうことを 笑顔で平気でしちゃいますね。
やっぱり 天使じゃないかぁ。
2007年03月06日 22:57
くみさん、こんばんは!
いくら、小悪魔に憧れるといっても、
病院の中でバニーちゃんはダメですよ(^◇^)
くみ
2007年03月06日 23:06
>ひまちゃん

あら・・・
アミタイツで・・・とか思ったりしたんですが^m^
胸には 赤いバラを挿しておきましょうかね。

今 想像して 白い目で見られる自分を あまりにも可哀想だと思ってしまいました・・・
2007年03月06日 23:12
  なーるほどねぇ・・(笑)
私、帝王切開で3回ほどお腹をざっくり。
皆さん スパルタでしたよー!
 負けず嫌いなもんで、「痛い」は言わなかったなー。
でも 深夜もこまめに来て下さってやっぱり天使かな?

 まっ、天使っていうのが恥ずかしかったら
『魔女』かそーか?
☆One-Peace
2007年03月06日 23:37
入院中、朝寝坊の常習者だった僕は、いきなり口に歯ブラシを突っ込まれ、たたき起こされたという・・(泣)
看護師さんって大変ですよね。

あたお、「白衣の小悪魔より。」今からでも遅くありません。よろしくお願い致します(笑)

白衣の小悪魔様へ
くみ
2007年03月07日 00:58
>masamiさん

帝王切開って 3回できるんでしたっけ(^_^;)
産科は 助産師がいらっしゃいますから 看護師よりもスパルタかも^m^

小悪魔ならぬ 魔女かぁ・・・
捨て難い! 貸してくだされ(*^_^*)

えらく おとぼけな魔女が出来上がりそうですが。
くみ
2007年03月07日 01:03
>★One-Peaceさん

歯ブラシを突っ込む・・・・!!!
それは いくらなんでもすごいですね。
よっぽどの お寝坊さんだったのでしょうか。

え゛~っ゛!
小悪魔から届くものなんて
厄介なものに決まってますよ(^^ゞ

この記事へのトラックバック