長い一日が やっと終わるよ。

なかなか カナダの話が書けてません・・・・。





さて、関空から 影絵などを楽しみつつ
ようやく バンクーバーの空港に着く。

トロントへ向けて 乗り換えるのだが まずは 入国審査。


私が並んだ列では 順番に 左右に振り分けられて
入国審査を受けている。


・・・・・・・・・・で 見ていると
右には 若くてカッコイイお兄さん(←私より若いかも?)。
左には ムスッとした顔の 少し太めの男性(30代後半に見受けられる)。


右に比べて 左は さばき方が遅い。

何でだ? と思っていたら ムスッとした顔の男性は
一人ひとりに 何か質問をしている。
それも 2問ずつくらい。


「(何度目かの)一生のお願い。カッコイイお兄さんのほうで!」


と 祈ってみる。


「強く願えば願うほど その通りにならない法則」(勝手に命名)にのっとり
私は 左側へ。


まあね。
入国審査って言ったら 入国目的とか 滞在日数とか
それくらいの質問のはず、と 進み出る。


無言で パスポートと入国カードを 提出。

私のほうを チラッと見て 無言で確認中。

確認中。

確認中・・・・・・・・・・・・・。


その間に 隣のかっこいいお兄さんのところに
私の後ろに並んでいた人が 進み出る。

「コンニチハ」 と ココと違って 和やかムード。


やっぱり アチラが良かったなぁと心の中で羨ましがっていると
突然

「滞在日数は?」と 聞かれる。

そんなの 入国カードに 書いてるんだから
わざわざ 質問しなくてもいいじゃん!と 思いながらも

  5日間

と 答えると すかさず「入国目的は?」と。

ムスッとした表情とか 話し方がちょっと 嫌な感じ。

(あんた何様!?)と 思ってしまう。

まぁ ほんとに口にしたところで
「俺様!っていうか これが仕事なんだよっ!」
て答えそうな人だったけど。


・・・・・・・・で 観光目的なんで
「サイトシーイング」
って 答えればいいはずなんだけど・・・・・・


ちょっと ムカッときていた私。
(ほら、長時間のフライトだったし 今から また4時間チョイ乗るし)

ついつい英語わかりませーん って顔で「トラベル」と 答えた。

すると 私の顔を再び見た彼は
「どこに?」と。

「トロント・・・・、ナイアガラフォールズ・・・・アンド バンフシティ」


みたいな たどたどしい答え方をすると やっと解放された。

ふぅ~。隣のカッコイイお兄さんは たぶん書類の確認と
笑顔の「コンニチハ」だけだったよ。


私も そういう入国が良かったなぁと思いつつ
乗り継ぎのための手続きに進むと
手荷物検査の時に こっちに来いと言われる。

他の人は スルスルと流れていく横で。

しかも 何を言われてるのか 理解できず
唯一 聞き取れたのは
「Can you speak English?」(たぶん)

「ノー。アイキャント・・・・」

と 答えると
「%&#=#%'#%y#!(←聞き取れなかった)、OK?」

しかし なんとなく 「私が ボディチェックのために触るけど良いか?」
みたいな雰囲気だったので 
「OK」と答えてみる。

結果、女性の検査官に 靴の底まで調べられるボディチェックを受けたよ。
服の上から くまなく触られて。

あの セキュリティチェックのゲートで 何が反応したんだろう?

英語が話せたら このなぞが解明されたのに!

ちなみに その後 難なくやり過ごせた。
帰国するために バンクーバーから搭乗手続きをしたときは
他の女性が 靴下まで脱がされてるのを見たけど。


英語は 普段話せなくても問題ないけど
話せたほうが 面白そうだ とは 思った。

この後 トロントの空港へ 21時くらいに着いたが
まだ ほんのりと明るかった。
時間 間違ってるんじゃない?って思うくらいに。

荷物を受け取って バスでホテルに着いたら 23時過ぎ。
さすがに暗い。

というか お弁当が配られ 夕飯だと。

画像


この時間から 食べるのか?と思いつつも
この日 何度目か分からない食事を 部屋で済ませる。

荷物の片付けとか お風呂とか済ませて 寝たのは1時頃。


・・・・・・・・・6月25日は 長い 一日だった。


カナダへの航路だけで 何日書いてるんだよ!って方も
それだけ長かったんだねぇと 同情的な方も ポチッとな。

この記事へのコメント

あんこや
2007年08月03日 09:48
入国目的は?
この英語を聞き取れないった@あんこやさんに
親切にも日本語で「モクテキは?」って聞くんで
「カンコウ」って日本語で答えた。
(日本語なのになぜナマったのか自分でも分からん 笑)
くみ
2007年08月03日 10:17
>あんこやさん

え゛っ!日本語で 聞いてくれる場合もあるんですか!・・・・。そうですか・・・。

私も「カンコウ」って わざわざナマって答えそう(笑)つられちゃうんですよね~。
「コンニチハ」って話しかけられたら やっぱり「コンニーチハ」って 答えちゃうと思う。
2007年08月03日 16:50
「強く願えば願うほど その通りにならない法則」、
それ凄くありますね^^
誰か心の中を覗いているのでしょうか・・・^^

でも、応対の印象って大切ですね。
基本の笑顔は大切だなあって改めて感じました。
くみ
2007年08月05日 17:33
>きんちゃん

基本の笑顔は大切ですよね。
カナダのイメージが(その時だけは)悪かったですもん。すぐに たくさん楽しい事があって 入国審査のことは 忘れてましたけどね^m^

この記事へのトラックバック