トロントで 見たもの

そろそろ トロント市内に向かいましょうか。

8時ごろ ホテルからバスで向かう・・・・・。
びっくりしたのはね、5車線あること。

しかも 5車線あるのに 大渋滞。
通勤ラッシュにかかっちゃったのね。

車社会なんだなぁと 見ていた。

画像


日本のように 止まったまま動かないという事はなくて
徐行する感じ。

画像


信号 縦方向なんだよね。

画像


カメラが映り込んじゃってるから 分かりにくいかな?
自動車も トラックも ライトが点いてるの。

カナダでは 日中のライト点灯と、
シートベルトも全シートに装着が義務付けられているらしい。
(シートベルトは バスは対象外みたい)


自動車にエンジンを始動すると自動的にライトが点灯する装置が
付いてるんだって~。


さて トロント市内。

画像


中央の 黄色い線以外 車線が無い!
市内電車とか 止まっている車とかを 上手に避けながらの運転。
私にはムリだぁ!

画像


オンタリオ州議事堂の周りの 芝生内。
何の動物か 分かる?

     リス

私の腕では これが精一杯。
だって 奴ら 動き回るんだもん。
少なくとも 3匹は居たんだけど 撮れなかった(T.T)


トロントには トロント大学があって カナダの中でも
トップクラスの大学。

そして 糖尿病の治療薬 インスリンの 抽出法を発見した事で有名。
(発見した人は ノーベル賞受賞)

近くの小児病院の 子どもに 最初に注射したんだよ。
インスリン依存型の糖尿病患者に 劇的な治療法となったのでした。


でね、近くに その小児病院も入れて 大きな病院が 4つあって
交差点を中心に ほぼ まとまって建っているんだけど

この病院は 地下でつながってるの。4つとも。
で 病院が違っても 患者の情報を共有する事で
無駄なく治療を受けられるの。

すごいよねー。
広島なんか 小児専門の病院すら無いのに。

しばらく この病院で 研修を受けてみたかったなー。
(日本語も まともに話せないけれど)


ちなみに 歯科は違うかもしれないけれど
治療費は 薬代は別として 無料。

その分 税金が高い。

何か起こったときに 治療費の心配が無いのは
嬉しいかも。

************************


ちなみに リンゴをかじりながら 出勤している人が居た。
これも 普通なんだって。

あと チャリ通勤の人も多かったけど ママチャリではない。
ちょっと かっこいい自転車ばかり。

銀行勤めの人とかは別として
スーツ姿で出勤 ではない。
普通の格好。

普通の格好で チャリに乗ったり
リンゴかじったり コーヒーを飲んだりしながら出勤。


なんか かっこ良かった。

画像




背が高いとか 足が長いとか 顔が小さいとか
基本的な部分も違うことは 気付かないフリで ポチッとな。

この記事へのコメント

2007年08月11日 16:11
車線が無いのはスゴイですね。
避けながらの運転、恐くて僕も無理です^^

朝の風景や病院のことからは、
自然な感じで、優しい空気が流れてる街だなあって
感じました。
くみ
2007年08月12日 10:59
>きんちゃん

カナダで嫌な思いをしたのは 入国審査の時だけかも。基本的に みんな親切だった気がする・・・。
いろんな人種が集まっている国だからかなぁ?
みやけん
2007年08月12日 10:59
街並みが違うね~。
旅してるって感じが伝わってきますよ!
くみ
2007年08月12日 11:13
>みやけんさん

伝わりますか(^^ゞ
歴史的建造物があっても ヨーロッパとはまた違った街並みでした。
車窓からの写真が多いので 良い写真があまりないんだけど なるべく「空」が写っている写真も 載せていきますね♪

この記事へのトラックバック