ゴールデンスランバーを読み終わる

あと 2回くらい読み直しても いいかもしれない。
今すぐ。


この作品、またまた 実写化されそうな気がした。
というか この実写化はちょっと見てみたいかも。
2時間では足りないと思うので ドラマ化でも良いな。
原作をそのまま 忠実に実写化してくれるなら。




人間にとって最大の武器は何か?


「習慣と信頼」と言うのも頷けるし
「思い切り」と言うのも あると思うし。



さて、この話はフィクションだとしても
もしかして 知らないだけで こういう社会に
私も居るのではないかと じっくり考えてしまった。


  どこかの誰か分からない人 が発信した情報は一応疑うくせに
  マスコミが流す情報は 鵜呑みにしてしまいがち。


なところとか。


今のところ 当事者とか それに近い人 とかではなく
その他大勢の役割をしている最中じゃなかろうか

と。


最大の武器を 先に挙げた二つにするにしても
それ以外にするにしても

やっぱり 人との結びつきは 大事だよなー。

さて、私の場合 誰を信頼し、頼り
誰に信じてもらえるのかしら。

とりあえずは 自分がしっかりしてないとね。


広島ブログ

広島ブログ
毎回思うのだが、作品内のような会話を繰り広げてみたい。
ポチッとな。

この記事へのコメント

LUFT
2008年07月08日 18:33
・・・私の最大の武器は
「食い気と眠気」
せめて「色気」が足せるように頑張ろう・・・
くみ
2008年07月08日 18:50
☆LUFTさん

私も一緒かも~♪
あれ?最後の一文も同感^m^

LUFTさんのお店に行ったら ぜったいカプセルの中で爆睡だと思うんですよー。
よだれ付きで(^_^;)
その後 食べ物屋に走りそう。
いつ お邪魔しようかしら(^^ゞ
2008年07月12日 08:44
はじめは読みにくかったのに、読み終わった後はもう一回読みたくなってました。
しっかり前の方で、複線はってますもの、そりゃ読みたくなりますよ。

実写化されたら入院中の怪しいおじさんが誰になるのか楽しみです。
花火師の社長も興味深々。

しかし、伊坂文学はサブキャラが男気満々でかっこいいですなあ。
くみ
2008年07月12日 17:08
☆吉原さん

私も最初 なかなか読み進められず でした。
前半 結構大事でしたね。
今 再読中です。

怪しいおじさんと 轟社長!
私もそこに 興味津々デス。
泉谷しげるさんなんて どうですか?

この記事へのトラックバック