初めて「途中で読むのをやめた」本と またひとつ「おりこうさんになれた」本

お盆も いつもと変わる事無く のんびり過ごしてました。

走るのはサボってましたが
高校野球のテレビ観戦と カープの様子の視察と
オリンピック中継は しっかり堪能しました。


そして 一応 読書もしてました。

・・・・・というか 初めて 途中で読むのをやめた本に出合いました。


骨と歌う女 (講談社文庫)
講談社
キャシー ライクス




海外ドラマの「BONES」の主人公のモデルとなった小説なんだけど・・・
全く面白くなくて 私とは合わなかった。
それでも 頑張って 半分は読んだんだけどね。

これは 訳した人の問題じゃなくて
たぶん著者の文章の問題。

テレビドラマは それなりに楽しいのにな。


死の序列
角川書店
キャスリーン レイクス




こっちは ほとんど読まなかった。
(名前、違ってるけど上記と同人物。)


途中で放り出したのを見て、旦那が

「よっぽど 面白くなかったんだね・・・。」と
呟いてました。


面白かったのは








中身は グランデを買え! とは言ってません。
色々なものの値段について 考察されてます。

知らないことも書いてあったし(日本が石油製品を輸出している とか)
子どもの医療費の無料化の問題点も指摘してあったし
回転寿司の話では 広島が出てきたし
今、気になってる 家具店「IKEA(イケア)」の話も出てきたし・・・


「経済学」というと なんだか眠くなりそうだけど
身近なもので例えてあるので
楽しんで読めました。


これからは 買い物をする時に 

「これは なんで この値段だろう?」 って

前よりもちょっとだけ 考える事ができそう。


広島ブログ

広島ブログ
スタバに行ったら 次回からは
グランデの値段をチェックするだろうな。ポチッとな。

この記事へのコメント

2008年08月20日 19:17
僕は貧乏性なので、面白くない面白くないといいながら、最後まで読むタイプです。

で、時間がもったいなかったあと後悔します。
くみ
2008年08月20日 23:30
☆吉原さん

私も 面白くないなーと思いながらも
大抵は読みきっちゃうんですけど
これはいただけませんでした。

とはいえ また 同じ著者の本
「既死感 上・下」を借りてみました。
ちょろっと読んだ感じでは
これも・・・・・・(T.T)
mako
2008年08月29日 12:44
今まさに「スタバでは・・・」読んでます。
そして、ついさっき
グランデは確かに100円プラスであることを確認してきましたw
くみ
2008年09月01日 13:02
☆makoさん

お!やっぱり確認しちゃいましたか^m^
やはり100円プラスなのですねー。
で、買っちゃいましたか?(*^_^*)

この記事へのトラックバック