容疑者Xの献身

本日は映画のレディースデイ。

今から 観て来ます。
感想は後ほど、この記事の続きに書きます。
(たぶん)


はい ただいま。

そういえば 先日のフジ系ドラマの
「ガリレオφ」に 石神さん出てましたね。
原作を読んで 四色問題のことを知っていたので
ニヤニヤしてました。


「原作を読んでないと あそこは分からないよねー」
などと言う事もなく 楽しめる作品ですよ、これは。
思っていたよりも 原作に忠実でした。


ここから 内容に触れますので 見たくない方は
広島ブログ
 ↑
ここを ポチッと押してから このページを閉じましょう。








まずね。
作品を見る前に いろいろ言っちゃってスミマセンでした。

石神役は 堤真一さんで 成り立ってました。

というか 原作を読んでなかったら これで納得した気がする。
私の中では 作品のイメージは壊れませんでした。


文章としての表現と 映像としての表現では いろいろ
得意分野と 苦手分野があるでしょうから
多少のアレンジは 仕方ないですよね。
このアレンジは 良かったんじゃないかな?


映像がある分 トリックに気付きやすかった気がします。
原作を読んでいる時は 紙に書き出して
やっとこさ トリックを見つける事ができましたから。



さて ここで 気になった点を二つ。


あの 雪山登山はいるんですか?
盛り上がりのため?

あんな余計なものをくっつっけるより
弁当屋の設定を変えずに 店の人の証言を入れて
ドキドキ感とか 焦る感じをもうちょっと入れてほしかったな。



「友人として 聞いてくれるか」

このセリフは 原作の 同級生3人の関係があってこそのせりふでは?
内海刑事では あのセリフの意味合いが 違ってくると思います。

ドラマでの設定も必要だから仕方がないけど
今回は 草薙刑事に活躍してほしかったな。

この作品を見る限り 私にとっては ドラマの設定が邪魔でした。
(内海刑事の存在そのものがね。)


堤真一さんの あの演技 良かったなぁ。
石神のイメージを崩さず
声のトーンも 演技も抑えてて。

これが ラストの叫びを より引き立たせてますね。


私 福山雅治さん好きですし
ファンが多いことも知っていますが
あえて言います。

この作品の主人公は 私の中では 堤真一さんです。
(ラストサムライでの渡辺謙さんのような感じ。)


松雪さんも 良かった。イメージに近い!
儚げな美人。 いいですねー。
過去に 白鳥麗子をしていたとは思えませんね(笑)



広島ブログ

広島ブログ
ところで エンドロールでリリー・フランキーさんの名前を発見。
もしかして 草野球の監督?へそで打つ!の?ポチッとな。

この記事へのコメント

2008年10月08日 23:15
おかえりなさい^^
堤真一良かったですよねーー。
私も一番印象深いのは堤さんの演技でした。
ラストの気持ちの高ぶりようったら・・・
主役をいっぺんに持ってっちゃいましたね^^

原作には映画には描かれていない深い部分が
たくさんありそうで楽しみです!
くみ
2008年10月08日 23:31
☆トラムmomさん

良かったですねー。
私は内容を知っていた為か泣きませんでしたが
泣いていた方もいらっしゃいましたよ。

湯川、石神、草薙の3人の関係が映画とは違う点ですかねー。花岡靖子についても もうちょっと深く書いてあるかなぁ。

原作 読んでみてください♪
2008年10月09日 01:00
映画だけなら「砂の器」位の名作だと思います。
ただ、ドラマの延長線上に映画があるため、名作というにはねえ・・・・という感想を持つ人多いのではないでしょうか?(僕のその中のひとりです)

追伸:僕も緑井の映画館でみました。「ティー」も真木よう子が濡れるで妄想爆走中でしたが、800円の値段を見て、冷静になりました。
2008年10月09日 01:01
補足

松雪泰子の娘役の女の子も光ってました。
将来が楽しみです。
くみ
2008年10月09日 08:22
☆吉原さん

そうなんですよねー。
ドラマの・・・が付いちゃうんですよね。
もったいない!

値段を見て冷静になれるところがオトナ?
真木よう子さんの濡れた写真も中に数点ありましたよ♪綺麗な人だなーって 見蕩れちゃいました。
エロさは 週間真木よう子のDVDーBOXには 及びませんが。

娘役の金澤美穂さん、オーディションで選ばれたんでしたよね。今後の作品に注目!ですね。

この記事へのトラックバック