怪笑小説・黒笑小説

ノルウェイの森を読む前は
他の村上作品も読もうと思っていたのですが
どうも そういう気になれず。


東野圭吾さんの作品を 読みすすめる事にしました。
とはいえ ちょっと 長編を読むのは面倒だったので
以前に読んだ 「毒笑小説」に続き
「怪笑小説」と「黒笑小説」を借りてみました。


短編集で ブラックがはいってて
サクサク読めるところがいいね。

次は 長編の何を読もうかな。
おすすめって ありますか?


もうちょっとしたら 海堂尊さんの作品も借りられる様子。
バチスタの続編になるのかな?
それも楽しみ♪

広島ブログ

広島ブログ
最近DVDを借りてないなぁ。そろそろ CSIが旧作に落ちたかな?
G.Wの予定がありません。ポチッとな。



怪笑小説 (集英社文庫)
集英社
東野 圭吾


黒笑小説 (集英社文庫)
集英社
東野 圭吾


この記事へのコメント

2009年04月25日 08:34
村上春樹を読み時に、一番やってはいけないのが、最初に「ノルウェーの森」を読む事です。

「羊をめぐる冒険」からお読みください。

くみ
2009年04月25日 11:37
☆吉原さん

あぁ・・・。やってしまいました(笑)
「羊をめぐる冒険」ですね!
さっそく借りてみますね。
mako
2009年04月26日 08:33
東野圭吾さんは、「手紙」と「さまよう刃」を続けて読んでズンときました。
村上さんは「レキシントンの幽霊」「東京奇憚集」などの短編集が好きです。
くみ
2009年04月26日 21:52
☆makoさん

「手紙」だけ読んだ事があります。
3冊 読んでみますね(^^♪
村上さんの短編集は 考えてなかった!

この記事へのトラックバック