正義の味方

上映最終日になって やっと
『フィッシュストーリー』を観てきました。

市内に用事があったのと、シネツインは
金曜日がレディースデイなのとがあって
ほんと ギリギリでした。


実を言うと この作品 読んだものの
細かいところがすっかり抜け落ちてまして。

シネツインはチケットを買った順に整理番号があって
その番号順に 自由に座る事ができるんですね。

で、17時からの上映分を お昼に買いに行きました。
(ちなみに2番でした。)

いつもは映画を見る前にパンフレットは見ないのですが
今回は原作も読んでるし・・・と チケットと共に買って
ランチを食べながら そのパンフレットを見たんです。


  あれ?
  物語がつながらない部分が出てくるぞ?
  これ どう展開するんだったっけ?


と 抜け落ちてるいくつかのパーツが
全く拾い上げられません。

ランチ後も時間があるので いくつかの書店を
めぐってみました。

「重力ピエロ」や「ラッシュライフ」は
見かけるのに なぜか「フィッシュストーリー」が
見つかりません。

部分的に 話が分からないまま
映画を観た結果・・・


  正義の味方は 5人くらい居るんだ!


そう思いながら 帰ってきました。
(最後 涙が出そうになりました)

自分じゃないかもしれないけど
それでも、正義の味方につながっていく人生を
歩んでるかもしれない と 思わせてくれる作品でした。

原作でも スカッとした記憶はあるのですが
今日の方が感動が 大きかった!


音があるからかなぁ。
なんか もう一度読みたくなりました。

週末に 古本屋さんにでも行ってみるかな?

広島ブログ

広島ブログ
森山未來君はやっぱり なぜか カッコイイなぁ。
大森南朋さんも 良かったなぁ。ポチッとな。

この記事へのコメント

2009年05月23日 09:41
短い原作を上手に映画化したって感じです。
原作ももちろんですが、日々の生活を普通に送る事が大切だと改めて感じさせてくれる作品でした。

まっとうにしっかり自分の人生を生きるのだ!
くみ
2009年05月24日 23:19
☆吉原さん

そう。本当に そう思いました。
自分の人生を生きる。
それでイイんですね。

この記事へのトラックバック